久留米市、小郡市、筑紫野市、鳥栖市の外壁塗装の助成金・補助金について

外壁塗装の補助金・助成金について

実は外壁塗装を行うことで、補助金や助成金がもらえる場合があります。しかし、この補助金や助成金については毎年予算が決定されるため、どのような条件で適用されるかが異なります。「今年はあるけど来年はない」ということも十分にあり得ます。

助成金が発表されるタイミング

外壁塗装における補助金や助成金については、毎年4月に予算が決定される場合が多く、お住まいの地域の「市報」などに情報が載ります。地域によっては年に2回、申し込み受付をしているところもあるので、お住まいの地域に合った情報を収集する必要があります。

助成金には予算がある。

助成金は予算自体が決まっているので、先着順で受付し、予算を使い切った段階で補助金・助成金を受けることができなります。例年では半年ぐらいでなることもあり、増税がある年などは駆け込み需要の影響で特に申請者が多くなる傾向が高まります。それによって予算を使い切ってしまうまでのスピードが例年よりもかなり早くなってしまう場合もあります。外壁塗装の補助金・助成金に関しては、その年や申請をするタイミングなどによって状況がことなりますので、注意が必要です。

助成金があってもその適用要件を
必ず確認する必要あり

必ず「補助金交付決定」を受けてから工事に着工しなくてはなりませんので、補助金・助成金を受けたいと考えている場合は、そのあたりも大変重要となります。補助金の目的は「地域活性化」なので市内の施工業者に依頼をしなくてはなりません。また、単純に「塗料を塗る」ということだけではなく、耐久工事(筑紫野市が該当)や省エネ対策工事(下記地域には該当なし)など、外壁塗装や外壁リフォームの目的も定められていることから、予め確認が必要です。

久留米市、筑紫野市、
小郡市、鳥栖市
の外壁塗装の助成金の状況

久留米市の外壁塗装の助成金・補助金

令和元年度の久留米市の外壁塗装についての補助金はありません。
しかし「空家活用リフォームにおける外壁塗装」として外壁の塗り替えや張り替えであれば補助金・助成金の申請をあげることができます。補助金・助成金の上限金額については、対象工事費の50%に相当する額で、上限30万円までとなっています。久留米市の場合、いくらまでという予算ではなく、戸数という考え方で、令和元年度の募集戸数は「10戸程度」とかなり少なめでした。久留米市においても、外壁塗装工事の着工前に補助金・助成金申請を行わなくてはならないので、注意が必要です。また別ページでは久留米市、小郡市、筑紫野市、鳥栖市の外壁塗装業者を紹介しています。

筑紫野市の外壁塗装の助成金・補助金

令和元年度の筑紫野市の補助申請に関しては、「耐久性工事」としての外壁塗装に限り、の補助金・助成金の対象となります。
また、上限金額は改修工事に要する費用(消費税を除く)の10%程度、10万円となっています。令和元年(平成31年)の補助申請の受付は、4月23日からとなっており、増税もあった影響で9月末頃の時点でほぼ予算を使い切っているという状況でした。

小郡市の外壁塗装の助成金・補助金

令和元年度の小郡市に関しては、「外壁塗装・屋根塗装」に関する助成金の制度はありませんでした。
これまでも外壁塗装・屋根塗装の助成金はないので、来年以降いきなり予算が組まれることは考えにくいですが、可能性が無いわけではありません。外壁塗装を依頼する前にしっかりと助成金・補助金について調べておくことが大切です。

鳥栖市の外壁塗装の助成金・補助金

令和元年度の鳥栖市に関しては、「外壁塗装・屋根塗装に」関する助成金の制度はありませんでした。
しかし、過去に「外壁塗装・屋根塗装に」についての助成金の実績があります。
来年以降、予算が組まれる可能性もありえますので、外壁塗装を依頼する前にしっかりと助成金・補助金について調べておくことが大切です。

「塗装が長持ちする」と
評判の業者をピックアップ!
久留米、小郡、筑紫野、鳥栖対応
おすすめ外壁塗装業者

保証:最長15年

住輝プランナー
住輝プランナー
住輝プランナー公式HP(https://oki-planner.com/)

超高耐久・超低汚染性塗料で九州トップシェア。15年という業界最長の保証期間は自信の表れと言えます。

保証:最長10年

福岡ペイントArt
福岡ペイントArt
福岡ペイントArt公式HP(https://www.fukuoka-paintart.co.jp/)

メーカー保証とは別に施工店保証書を発行。1級塗装技能士の代表親方が現地調査からアフターフォローまで担当します。