外壁塗装の費用相場

久留米市で外壁塗装を検討するとしても、費用については正確に把握したいところです。相場を知らなければ想定以上の金額を支払う結果になりかねません。

こちらでは、久留米市で外壁塗装を行う場合の費用相場を紹介していますので、参考にしてください。

外壁塗装の相場・価格表

久留米市の外壁塗装における相場を表にしました。使用する塗料の費用は一律ではなく、グレードによって価格が変わります。相場よりも高い価格で費用請求されたり、見積もりをされたりすれば、なぜその価格になったか業者に聞く必要があるでしょう。表に記載している価格から10万円以上を超えるようであれば注意が必要です。

坪数(延坪) 10坪~30坪 40坪~60坪 70坪~100坪
塗装する面積 40~119㎡ 158~238㎡ 277~396㎡
費用相場 約20~100万円 約80~200万円 約140~320万円

外壁塗装の価格は塗装面積で決まる

外壁塗装の費用は塗装する面積で変わってきます。基本的に面積が多くなればそれだけ手間もかかりますし、なにより「塗料」の量が増えて費用が高くなります。

また、費用見積もりで注意したいのは「坪数」です。表は延坪による金額を記載しています。延坪とは「1階」「2階」「3階」などの床面積を合計したものをいいます。たとえば、1階が20坪で2階が10坪なら20坪+10坪で30坪が延坪です。この表と照らし合わせるときは延坪を基準にしてください。

ただし、外壁塗装の費用は単純に坪数だけで算出されるのではなく、塗らない部分は差し引かれます。塗料の量に比例し費用も高くなりますから、塗らない部分まで含まれるとなれば、納得できないのも当然です。建物で塗らない部分というと窓が代表例でしょう。

簡単な塗装面積の算出方法

塗装に必要になる面積がどれぐらいになるのか、わからないという方もいるはずです。この場合、簡単な計算式によって算出できます。

「塗装面積(㎡)=延床面積(㎡)×係数1.2」

係数については、一般的に1.2を入れることが多いですが、中には1.1~1.7を入れるケースもあります。一坪3.3㎡で、2階建ての家で1階が15坪、2階が20坪だとします。15+20=35とすれば、延床面積は35×3.3で約115.5㎡。塗装面積=115.5×1.2=約138.6㎡です。

外壁塗装をはじめてするときは、どれぐらいの金額かわからないものです。そんなときは見積もりをする前に、自分でも計算しておきましょう。そうすればある程度の費用がわかります。

外壁塗装の費用内訳

外壁塗装の内訳は、複数の要素で構成されます。一般的には「人件費」「材料費」「運営費」などです。材料費には塗料代も含まれており、グレードが高くなれば費用にも反映されます。そのほか、運営費は廃棄物処理費用や事務手数料など雑多な費用だと考えてください。

見積もり時に「人件費」「シーリング代」「塗料」などと、細かく分類して金額を提示していると誠実な業者と判断できます。

外壁塗装の費用は塗料の種類で変わる

外壁塗装の費用は使用する塗料の種類によって変わります。塗料は一律ですべて同じ価格ではありません。塗料にもグレードがあるため、グレードが高くなれば費用も高くなります。たとえば、比較的安価な塗料としてアクリル塗料があり、一方で比較的高価な塗料としてフッ素塗料や無機塗料などがあります。

アクリルが1,000~1,800円/㎡だと、フッ素は倍以上の3,000~5,000円/㎡の費用です。無機塗料ではフッ素より高い費用がかかる場合もあります。これらの塗料に費用差がある理由はグレードの違いです。もっといえば、耐久年数という質の違いが価格の違いに関係します。

耐久年数に応じて費用も高くなる

費用を安く抑えたいならアクリル塗料という選択肢もありますが、耐久年数が短いため施工回数は多くなります。フッ素塗料は耐久年数が最高で20年近いですから、施工時の費用は高額になっても回数は少なくなるのがポイント。ただ、コストパフォーマンスが良いのはシリコン塗料で、耐久年数は7~15年。費用は1,800~3,500円/㎡と、耐久年数と費用のバランスがよく、多くの方から選ばれている塗料です。

外壁塗装の費用は、塗料の耐久年数に比例して高くなります。フッ素塗料以外にも、無機塗料や雨によって汚れが自然に落ちる光触媒塗料がありますが、これらは塗料の中でも高額の部類です。予算や将来を見据えてどんなサイクルで外壁塗装をするかも踏まえてぴったりの塗料を選びましょう。

外壁塗装の相場よりも費用を抑えるポイント

助成金や補助金で費用を抑えよう

「予算に限りはあるけれどアクリルだと何度も外壁塗装をしなければならない」となれば「費用を抑えるための対策」をしないといけません。実は、外壁塗装では費用相場を抑えるポイントがあります。

たとえば「助成金・補助金」を利用する方法です。令和2年、国による「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が実施されています。良質な住宅ストックや子育てしやすい生活環境整備のために、既存の戸建て住宅や共同住宅の性能を向上するためのリフォームをする場合、補助してくれます。

空き家を活用するリフォーム助成金

久留米市では空き家を活用するための「空き家活用リフォーム助成事業」を令和2年4月22日から募集を受け付けています。対象工事の中には、耐久性向上を目的とする屋根や外壁の塗替え工事が含まれるようです。

ただし、助成金や補助金は通年募集されているわけではありません。毎年予算が決定されたり、されなかったりします。予算自体に限りがあるため先着順です。

つまり、利用を検討していたが、先に手続きをした方がいて結局できなかったということがありえます。助成金や補助金を検討しているなら、日頃から市報で定期的に情報をチェックすることをおすすめします。

相見積もりで比較する

依頼する外壁塗装業者を選ぶときは一社だけではなく、複数見積もりをするのがよいでしょう。はじめて外壁塗装を依頼する方は、どの程度の費用が適正価格かわからないものです。見積もりを提示されてちょっと高く感じても「こんなものだろう」と思ってしまうものでしょう。

結果、相場よりも高い費用だとわかったとき悔しい思いをするのです。そうならないよう、複数の外壁塗装業者に相見積もりして比較してください。ただ、一社ずつ見積もりを出してもらうのも大変です。公式HPをチェックしたり、一括見積りサイトを利用したりして、本当に安心できる外壁塗装業者に依頼するようにしましょう。

外壁塗装の支払方法について

外壁塗装の支払い方法を事前にチェックしてトラブル回避

外壁塗装の支払い方法は複数あります。現金支払いが基本ですが、中にはクレジットカードやローンで対応してくれる業者もあるようです。一般的に現金での支払いは一括後払いで、施工完了後に全額を一度に支払います。

また、2回払いに対応してくれる業者もあります。施工前に半分、施工完了後に残りの半分を支払う方法です。一度に100万円前後の金額を支払うのが難しい方は、2回払いで支払える業者を選ぶと良いかもしれません。

そのほか、3回払いもありますが、戸建てで対応している業者は少ないようです。施工前、施工中、施工後に一度ずつ支払う方法で、大規模な建物の塗装を行う方が選ぶ支払い方法だといえます。

クレジットカードやローンで支払う場合の注意点

クレジットカードで支払いできるなら「一括だけ」か「分割できるか」をチェックしておいたほうがよいでしょう。

また、施工費用が高くなりがちなので、利用可能額もチェックが必要です。クレジットカードの場合、ポイントもつきますし、現金を用意して手渡す必要もありません。

そのほか、ローンでの支払いも選択肢に入ります。「外壁塗装業者」「住宅ローンを借りたところ」「銀行」「信販会社」が一般的な相談先です。また、塗装業者の場合「提携ローン」を紹介してくれる可能性があります。支払い方法は複数あるため、無理なく支払える方法を選びましょう。

「塗装が長持ちする」と
評判の業者をピックアップ!
久留米、小郡、筑紫野、鳥栖対応
おすすめ外壁塗装業者

保証:最長15年

住輝プランナー
住輝プランナー
【引用元】
住輝プランナー公式HP:https://oki-planner.com/

超高耐久・超低汚染性塗料で九州トップシェア。15年という業界最長の保証期間は自信の表れと言えます。

保証:最長10年

福岡ペイントArt
福岡ペイントArt
【引用元】
福岡ペイントArt公式HP:https://www.fukuoka-paintart.co.jp/

メーカー保証とは別に施工店保証書を発行。1級塗装技能士の代表親方が現地調査からアフターフォローまで担当します。