外壁塗装をする理由は?

外壁というと、キレイにみせるもの・ご自身のこだわりを表現する効果があります。もちろん、このような要素があるのは間違っていません。

ただ、同時に家の外壁にはもっと重要な役割があります。

家を保護するために必要

外壁塗装はビジュアル効果以外に家を保護するために必要です。しっかりとした外壁塗装を行わない場合、家が壊れてしまうというリスクもあります。つまり建物を守ることこそが外壁塗装の本来の目的なのです。

経年劣化という言葉があるように、建物というものは雨や紫外線を多く浴びる箇所でもあります。人間のスキンケアと同じようなもので、ある時期を境に手を加えていかないとボロボロになってしまうようなものです。

塗膜は劣化するので塗り替える

では「ある時期」というのはどれぐらいかというと目安としては新築時から考えると10年ほどです。

これは使用されている塗料にもよりますが、長持ちする場合あっても15年がほぼ限界です。これは紫外線の浴びやすさにもよるところで、南面であれば浴びやすく、北面はそれと比較して浴びづらい傾向にあります。つまり、外壁全体が劣化していくというわけではなく進行度に差があるということです。南面の外壁であれば築8年が経過した頃から気にかけていくといいでしょう。

なお、日本の住宅の平均寿命はおよそ30年。このタイミングでリフォームや大きなメンテナンスを行う場合がありますが、それまでに2.3回の塗り替えが必要ということになります。

参照元:国土交通省:5.住宅・不動産、観光等の分野における消費・投資の拡大<「市場」の活性化>

塗装しないとどうなるのか

ここからは具体的に塗装しないリスクとして代表的なものを2つ紹介していきます。

害虫が侵入しやすくなる

まず外壁塗装をしないと害虫が侵入しやすくなります。特にシロアリによる被害は深刻になりやすく、家を建て替えなければならなくなってしまうこともあります。

外壁塗装工事は100万円を超えることも珍しくありません。ですが、そこを節約したがために家を建て替えるようなことになってしまうのは本末転倒と言えるでしょう。

家の寿命が縮む

外壁に大きなキズができ、そこから水が入った場合は、家の内部がどんどん劣化していってしまいます。結露や湿気が家の内部からどんどん蝕んでいくようなイメージです。最悪の場合は家の土台や基礎の部分にも劣化の影響が及んでいきます。

そうなってしまうと雨水や湿気などによって経年劣化を上回るようなスピードで劣化をしてしまいます。これは建物の根本が劣化していることでもあるのです。

そのため、通常であれば耐えうる地震や台風であっても崩れてしまうような事態にもなりかねません。

まとめ

今回紹介したように、ある程度の年数が経過した場合は外壁塗装を行いましょう。ベストなタイミングで外壁塗装を行えば費用面や住まいを失うといったリスクの低減になります。

家が長持ちする・快適に生活できるという部分は住む人の知識が鍵を握っているのです。

「塗装が長持ちする」と
評判の業者をピックアップ!
久留米、小郡、筑紫野、鳥栖対応
おすすめ外壁塗装業者

保証:最長15年

住輝プランナー
住輝プランナー
【引用元】
住輝プランナー公式HP:https://oki-planner.com/

超高耐久・超低汚染性塗料で九州トップシェア。15年という業界最長の保証期間は自信の表れと言えます。

保証:最長10年

福岡ペイントArt
福岡ペイントArt
【引用元】
福岡ペイントArt公式HP:https://www.fukuoka-paintart.co.jp/

メーカー保証とは別に施工店保証書を発行。1級塗装技能士の代表親方が現地調査からアフターフォローまで担当します。